占いが表す本来の意味

06, 7月 2015 by admin in 復縁の電話占い     No Comments

“占いとは本来、必ず未来を予知するためのに作られたものではありません。自分が迷った時、人生の岐路に立った時、願掛けをするように占いを行い、それに従って行動をとるためのものです。いわば、決断のつかない時に道しるべを示してくれるもの、それが占いだったのです。

それが近代に入ってから、未来を予見したり恋の成就を願ったりするために使われるようになりました。最近よく目にする、占いによる復縁も広い意味でそれにあたります。
復縁はしようと思えば誰にでもできる可能性のあることです。しかしそれが大変難しいことであり、また行動に移すのにも大きな勇気が必要なため、占術の力を利用して決心しようというわけです。

このように書くと、占いとは全く根拠がなく、ただ勇気を出すためだけに利用されるデタラメであるというように思われるかもしれません。
しかし実際は必ずしもそうとは言えず、占いは高度な心理技術を利用した一種の暗示、あるいはセラピーであるとも考えられます。
そこに科学的な根拠がないとしても、占いを信じることによって自分の気持ちを整理し、正しい行動に移すことができるのであれば、占いには確かにある種の不思議な力があるといえます。
復縁や転職、結婚などのように大きな勇気を要する壁にぶち当たった場合、占いの力で背中を押してもらうことは決して悪いことではないと思います。

ただし、すべてを過信しすぎて自分の人生そのものが占いに振り回されるようでは元も子もありません。本来の占術とは何かをしっかり理解し、正しく利用することが人生に潤いをもたらすコツであるといえます。”

■離婚後占いで復縁に成功

“私は二人目を出産したあたりに、産後鬱だったかと思いますが、何もしたくないという症状が続いていました。そして、少しの事でもイライラが募り、主人に毎日仕事で遅く帰宅すると八つ当たりをしていました。主人は、子供の事は大事だけど、君に気持ちが戻る事は生涯ないだろうと言い、離婚したいと言われました。私は、絶対に嫌でしたが、主人は気持ちが変わる事がないと断言しましたので、嫌々でしたが、離婚しました。

しかし、実家に子供と帰り自分も仕事をしたり両親に頼れるという安心感もあった事から、やはり彼が必要だと思うようになりました。定期的に子供に会わせる為に、会ってはいますが、数分です。それを何とか距離を縮める為にどうしたら良いかと考えた時に、占いで鑑定してもらいたいと思いました。仕事と子育てでなかなか自分の思うような外出ができないですが、電話占いは夜も行っているという事を聞き、早速インターネットで調べました。復縁に関して得意とする占い師の方に鑑定してもらう事にしました。

復縁したいと思いますという事を伝えたら、彼にもその意志があるという事でした。けれども、時期は今ではないとも言われました。その間は、とにかく彼に決定的に私と復縁したいと思われるように努力をする期間だという事も納得できましたので、私はとにかく仕事と子育てをしっかりできているところを彼に認めてもらえるように取り組む事にしました。占い師の方は、復縁に関して得意としているだけの事はあると思ったのが、電話の後から彼に会うと以前よりも彼が私に歩み寄ってきてくれているというのがわかるようになってきました。そして、皆でご飯を食べたりもするようになりました。

以前の占いから数カ月後にまた同じ占い師の方に鑑定してもらいましたが、近いうちに彼からきっと動きますと言われました。そしたら、やはり二ヶ月後となりましたが、彼の方から正式に復縁したいという申し出がありました。双方の両親も交えて話しをしましたが、私は子供の為というのもありましたが、彼の事が好きですので、その意思を伝えて何かあったら爆発する前に相談したり、頼れる時は頼るという事を伝えました。投げ出したいくらい惨めな気持ちの時もありましたが、占いのおかげで、このように良い結果に辿り着く事ができたので、良かったです。”