復縁の望み解消のきっかけに電話占いを利用する人多し

04, 6月 2015 by admin in 復縁を叶える     No Comments

現在ネット上では、電話占いやメール占いが大変人気となっていて数多くの占いサイトが存在しています。直接相談者と占い師が対面して行なってきた従来の鑑定方法が一般化し定着してきた占いの歴史を考えると、電話やメールなどの通信網を使用し実際にはどんな占い師や鑑定師なのかが見えないことは、胡散臭さやいい加減な鑑定でお金を騙しとられてしまうのではないだろうかと不安になる方も多いのではないでしょうか。しかしながら実際にこれらのサイトを利用した人々のリアルな体験談や当たるとの口コミが徐々に広まり現在のように数多くのサイトが存在する状況に至ったと言えるでしょう。

また、ネット上では良い評判も悪い評判も広がるのは早いものです。サイト運営者側も占い師の鑑定技量の高さや実力の有無は死活問題になりますので多くのサイトの登録占い師は既に当たると評判の高い先生であったり、新しい占い師登録に際しては厳しいテストなどを設け、電話占いならではの「実態の見えない不安」解消に特に力を入れているようです。

具体的な占術方法は、最も多いのが霊視や透視による鑑定ですが、そのような能力を使用しながらタロットや西洋占術、姓名判断に六星占術、その他数えきれないほどです。詳しい占術方法や得意分野なども占い師ごとに記載され相談者が選びやすくしているサイトがほとんどです。

様々な相談内容がある中で、最近は復縁占いが注目を集めています。電話占いの良さは、周囲に聞かれる心配の無さと、対面では話しづらいことも電話を通すことで素直に話せることです。別れてしまった人のことをいつまでも忘れられずに前に進むことが出来ない悩みは案外親しい友人にも相談しずらいものです。だからこそ素直に全てを話し、占い師の鑑定によってまずは縁があるのかないのかを判断してもらうだけでも相談者にとっては大きな意味をもたらすと言えるでしょう。そして、もしも復縁が可能と鑑定されるとその後はいつどのようにどのような方法で相手に連絡を取るかなどの具体的なアドバイスがなされます。

いつまでも一人で復縁について悩んでいるよりも、便利で人気となっている電話占いを利用してみてはいかがでしょうか。

■電話占いで、ずっと忘れられなかった元彼との復縁に成功

“30歳になった私には、彼氏がいませんでした。30歳といえば、出産を考えると、そろそろ結婚したい年頃です。そんな焦りもあって、私は、お見合いパーティーや合コンに参加したりと婚活を始めたのですが、なかなか良い人にはめぐり合えませんでした。
というのも、私の中で、学生時代に付き合って、些細なケンカから別れてしまった元彼のことが、頭にあったからかもしれません。あの人より良い人でないと付き合いたくないし、結婚したくない、という思いが、どうしても頭から離れなかったのです。あの頃は若かったから、彼の気持ちがわからなかったけれど、今ならあんなに良い人と別れたりはしません。彼は今頃どうしているのだろう、彼ともう一度会えたら、復縁できたら、という思いは、いろいろな人に会う度に強まっていきました。友達の友達を通じて、今その彼がどうしているのかを調べると、彼はまだ結婚していませんでした。私にも、復縁のチャンスがあるかもしれません。
そんなある日、雑誌で、電話占いの記事を見たのです。書かれていたのは、占いで自分の運命の人がわかって幸せになれた、という例でした。もともと、占いなんて信じないタイプの私ですが、その時は、ふと心が動かされました。というのも、自分にとってのかけがえのない人が誰であるのか、彼がそうであったのか、そうでないのか、それがわかれば、一歩前へ踏み出せると思ったからです。
わざわざ占いの館などに出向いてまで占ってもらう気持ちまではなかったのですが、電話占いなら今すぐできるし、嫌になったら切れば良いのだし、という軽い気持ちで電話を掛けました。すると、出てきたのは柔らかい口調の女性でした。初めてのことで緊張していた私ですが、そのやさしい声と雰囲気に、心がほぐれました。そして、その占い師さんに情報を伝え、占ってもらったら、わかったのです。やはりその元彼が、私の運命の人だったということが。私は、復縁したい気持ちを伝え、占い師さんに相談しました。どういうアプローチが良いのか、タイミングは、などアドバイスをいただいて、私は電話を切りました。運命の人だとわかったのですから、後は、前へ進む他ありません。それからも度々電話をかけて、いろいろなことを相談しました。
その結果、元彼は今、私の夫として傍らにいます。あの時、勇気を出してみて本当に良かった、電話占いでこんな幸せが手に入るなんて、信じられない思いです。待望の子宝も授かって、あの時の電話が全てのきっかけだったと、今は本当に感謝しています。”